−ダイヤル操作方法ー

■一度、時計回し(HARD方向)に最後まで締めてくださいお(!締めすぎにご注意)
■その位置から反時計回りに戻して(SOFT方向)、一番初めに 「カチ」 とする所が1段(1段戻し)です。
■その後2,3,4,,,,,と戻していきます。
■段数変更の際は毎回1段まで戻してから希望段数までもどしていただいた方が確実です。
■回す時はいつも同じ側の手で回す事をお勧めします。 調整する手を左右入れ替えると操作ミスをする事があります。
■20段以上戻る固体もありますが、異常ではございません。また20段以降は回しても減衰力の変化はありませんので、ご了承ください。
−当初のセッティング−
ご購入されてから、はじめは前後とも8段〜10段の任意の段数で走行していただき、好みに応じて硬さを調整する方法をお勧めします。
−前後バランスについて−
高速道などでの直進安定性、しっかり感を重視するのであれば、リアよりもフロントを硬め。
ワインディングなどでのコーナリングでの回頭性を重視するのであれば、フロントよりもリアを硬め。
というセッティングが代表的ですが、お客様の好み、積荷や乗車人数、車の車重など条件がユーザーさん毎に違いますので、上記セッティングは参考程度にお考えいただければ結構です。